実際の体験談をご紹介

自営業でも資金を借りられた。(男性/30代)

男性/30代

私は大学卒業後、ごく普通のサラリーマンとして働いていました。

しかし、会社の業績が伸び悩み、上のポストも空かない中、
この先もずっとこの会社で働くことができるのか、少し不安に思いました。

そこで、思い切って独立して、個人事業主としてやっていこうと会社を辞めることにしたのです。

ただ、事業を円滑に始めるための資金が十分ではなかったため、銀行で融資を受けようと考えました。

早速、窓口に出向いて事情を話したのですが、普通の銀行は自営業者に対しての審査が厳しく、
お金を貸せない可能性が高いと言われてしまったのです。

いくつかの銀行を周ってみましたが、いずれも個人で事業を始める人の審査基準は厳しかったです。

実際、銀行の審査には1つも通らなかったため、新たな方法を考える必要がありました。
そんな時に知ったのが、ビジネクストという事業者ローンです。

条件は銀行ほど厳しくはなく、私のような個人事業主でも通過することができるものでした。

また、借り入れのタイミングも銀行で借りる場合よりも早く、
急にお金が必要になった時でも借りられたのは非常に助かりました。

さらに、総量規制の対象外になるため、まだ年収が安定していなくても、
審査さえ通れば必要な資金を準備することができます。

もし、私と同じように個人事業主として資金を借りようと思っている方は、事業者ローンという選択肢も考えてみてください。

数ある融資商品の中でも、口コミ評価の高い事業者向けローンをピックアップしました。

  1. ビジネクスト

    赤字決算でも申込み可能、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

  2. 資金調達プロ

    売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用、銀行融資を断られた方向け

その他の体験談

資金調達をスムーズにしたい!悩みを解決する事業者ローンとは?

事業が軌道に乗るまでは、資金調達もスムーズにいかないことがありますよね。

場合によっては、期日までにまとまった金額を用意しなければならないといった状況も出てくるでしょう。
こういった時にはローンを利用するという方法がありますが、審査に通るかどうかが1つの問題になってきます。

今回は事業者向けのカードローンなどを取り上げながら、賢い資金調達の方法について検証していきます。

金融機関のローンには審査がある

必要なお金を調達したい時に真っ先に思い浮かぶのは、金融機関からお金を貸してもらうという方法ではないでしょうか?

実際、大手地方を問わず、全国の銀行ではさまざまなローンを用意していますので、申し込みはしやすくなっています。
しかしながら、このような金融機関のローンを利用する際には、一定の審査をクリアすることが必要です。

事業で業績を上げている場合でも、すぐにお金を貸してもらえるわけではありませんので、注意をしましょう。

銀行などの金融機関では、銀行が貸し倒れのリスクをすべて引き受ける
「プロパー融資」というサービスも行っている場合があります。

このプロパー融資を利用できるのであれば、資金調達はさほど難しくないかもしれません。

ただ、プロパー融資を利用できるのは、銀行から一定の信頼を得ている事業者です。
したがって、開業して間もない方などは他の方法を考えた方が現実的と言えます。

信用保証協会を通すという方法も

銀行などの金融機関では、信用保証協会の保証を得た上で融資をするというサービスも行っています。

ローンの返済が万が一難しくなった時に、債務者に代わり残ったローンを払ってくれるのが信用保証協会です。
したがって、お金を貸す銀行側としては、貸し倒れのリスクが少なくなるという利点があるのがこの方法です。

ただ、保証人となる信用保証協会側では独自に審査を行いますので、
事業の経営状況によってはOKが出ないケースも当然出てきます。

決算書などを提出して審査を受ける場合には、その事業の経営状況が厳しくチェックされます。

その他にも、目的や返済能力、経営者についての審査が行われますので、
結果が出るまでに時間がかかってしまうのが難点です。

時間的なゆとりがある方や審査に通るだけの信用がある方の場合は、
こういった信用保証協会の保証を得て、銀行からお金を貸してもらうという方法もあります。

金融機関のローンは使い道が決まっていることが多い

銀行からお金を借りる時に気を付けたいのが、使い道です。

こういった金融機関や信用保証協会が融資の妥当性を審査する時には、
必ずと言っていいほど資金の使い道をチェックします。

事業に必要な設備を導入するなどの明確な使い道が決まっていないと、審査をパスすることは難しくなるでしょう。

借り入れをする側としては、ローンで得たお金を生活費などに一部回したい場合もあるかもしれません。

現金として得てしまえば、何に使おうと同じことだろうと軽く考えていると、
融資を受ける際のヒアリングなどで引っかかる恐れがあります。

事業の運転資金や設備資金として、お金を使うことをしっかりと融資担当者に伝える必要がありますので、
明確な事実がない場合は説明に詰まることも考えられます。

フレキシブルにお金を活用していきたい方の場合は、
用途のチェックが厳しくないローンを利用した方がいいケースもあります。

ローンに付き物なのが担保

お金を借りるにあたっては、一般的に不動産などの担保が必要になります。

例えば、多くの方が利用している住宅ローンの場合も、土地や建物などの不動産に抵当権を設定して、お金を借りることが多いです。
このような担保を設定することで、万が一の備えをするのが金融機関のスタイルです。

返済ができないという時には、担保を売却して残債をカバーします。

ただ、個人事業主の方の場合などは、こういった担保を提供できないという状況もあるでしょう。
生活にダイレクトに影響する家や店舗などを担保にするのは、いささか抵抗があるという方もいるかもしれません。

このような方でも利用しやすいのが、事業者向けのカードローンです。

ビジネスローン専門のカードローンサービスも登場していますので、
担保を用意しなくてもお金を借りることは不可能ではありません

審査結果が出るまでの期間も要チェック

できるだけ早く融資を受けたい方にとっては、事業者ローンの審査にかかる時間も気になるところでしょう。

一般的なローンを銀行で申し込むと、数週間から数ヶ月の時間がかかるのは当たり前です。
1日でも早くお金が必要という状況では、結果を待ってイライラしてしまうことがあるかもしれません。

忍耐強く待っていたにもかかわらず、審査に落ちたという時には落胆しますよね。

審査の結果が出るまでの時間は、実のところどのようなローンを利用するかによって変わります。
例えば、事業者向けのカードローンなどは仮審査を行って、その場で大よその審査結果が分かることがあります。

本審査が完了するまでの期間も短く、すぐに資金を調達したいという時には役立つサービスになってくれるでしょう。

急いでお金を借りたい場合は、審査にどのくらいの時間がかかるかをチェックして、利用先を決めるといいかもしれません。

事業者目線のサービスを行うカードローンがある

資金調達をスムーズに行いたい方から人気があるのが、事業者向けのカードローンです。

このようなカードローンは、事業者の目線でサービスが行われているのが1つの特徴になっています。
借り入れの際の条件が緩やかで、必要な時に利用しやすいのが魅力です。

例えば、ビジネクストの場合は借り入れに際しての担保や保証人が不要です。

使い道なども比較的自由であり、利用する側にとっても便利なローンになっています。
審査結果もスピーディーに出るため、長期間待たされるということもないでしょう。

郵送で手続きが完了するなど、忙しい事業者に嬉しい対応が行われています。

事業者ローンを賢く利用して、楽に資金調達をしよう!

同じ金額のお金を借りる場合でも、どのような事業者ローンを利用するかによって、その後の負担の大きさは変わります。

例えば、こちらで紹介しているローンなどは、多忙な事業者にとっても負担の少ない資金調達法になる可能性があります。
経営状況や実績などに影響されにくく、事業のチャンスを広げる上でも役立つでしょう。

ぜひ、利用を検討してみてください。

アンケート調査をしてみました

経営者の悩み…ビジネスローンで資金工面するときの苦労は?

事業を新たに始めるには、大量の資金が必要です。

そして、経営していくなかで業績不振なのでお金を借りたい…そんなときに便利なのが事業者ローンです。
経営者の窮地を救ってくれるローンですが、個人向けのローンよりも審査は厳しく、簡単に借入できるわけではありません。

そこで今回、ビジネスローンを利用したことがある人を対象に、資金の工面をするときの苦労は何かというアンケートを実施しました。

ビジネスローンの利用を検討している方は、こちらのアンケートで紹介されている意見を参考にすれば、
審査を通るにはどうすればいいかがよく理解できるはずです。

ビジネスローン・事業者ローンを利用する時に最も苦労した点は何ですか?

アンケート調査の結果

  • 1位:実績の不足・・・34%
  • 2位:事業計画の構成・・・26%
  • 2位:担保の用意・・・26%
  • 3位:決算書の状況の不芳・・・9%
  • 4位:その他・・・5%

1位:実績の不足

  • 起業したばかりでローンを組んだため、実績を示すことができず苦労した。(岐阜県・39歳・女性)
  • ある程度の実績が無いと利用できない場合が多く、借入先を探すのが大変だった。(栃木県・34歳・男性)
  • 業績があまり芳しくない際、ビジネスローンが組みづらい一面がありました。(宮崎県・41歳・女性)
  • 借りる際に今後の見通しについて実績を元に説明する必要があり、苦労しました(山形県・36歳・男性)
  • り審査が厳しくて借りたい額との差があり、資金繰りが大変でした。 (兵庫県・42歳・女性)

開業したばかりだとまだ実績がないため、開業目的での事業者ローンの利用は厳しいと言えます。

どの会社であっても、それなりの実績を残していないと融資を受けられません。
なので、すべての資金をビジネスローンで集めるのではなく、金融機関や親族からの資金提供、自己資金を用意しましょう。

それでも足りない場合、事業者ローンで補うのが一般的な考え方です。

2位:事業計画の構成

  • 必要な金額を借りるには、本当に収益が出るのか相手が納得できる事業計画を提出しなければならず、
    プレゼン資料のようにわかりやすく作成するのに苦労しました。(愛知県・43歳・男性)
  • 事業計画の構成を考えるのがかなり大変でした。(群馬県・29歳・男性)
  • 自分が考えている以上に、細かい内容の事業計画が必要でした。(香川県・25歳・女性)

事業者ローンでお金を借りる際、事業計画の構成がとても重要です。

相手にとって分かりやすい資料を作る必要があり、細かい内容で事業計画書を作成しなければいけません。
しっかりとした事業計画を考えているか否かで、審査に通るかどうかが決まってきます。

なお、事業計画でどんな結果を生むかを想定する場合、第三者視点で事実を書くことが大事です。

2位:担保の用意

  • ある程度の額を借入するにはそれなりの担保の準備が必要であり、苦労しました。(茨城県・49歳・男性)
  • 連帯保証人を求められたので、なってくれる人を探すのに大変でした。(茨城県・70歳・女性)
  • 土地、建物を担保にと言われると不安がよぎり、いざ判を押す時は緊張した。(愛媛県・59歳・男性)

事業者ローンには担保が必要ないものもありますが、高額な融資を受けるには不動産を担保とするローンを選ぶしかありません。

不動産担保ではその名の通り不動産を担保にして、自分名義の賃貸マンション・アパート、
もしくは他人名義(両親・配偶者)のそれで利用できます。

ただし、担保にしている不動産の価値が下がると、追加担保を請求される場合があるのが難点です。

3位:決算書の状況不良

  • 銀行などは、事業者がリスクをしっかり把握しているのかを重視します。(山形県・41歳・男性)
  • 決算書の内容があまり良くなく、借りれるか不安でした。(奈良県・31歳・男性)
  • ローンを借りる理由が窮地を凌ぐためというネガティブなものだったので、どう説明するか苦労した。(神奈川県・23歳・男性)

決算書は、法人の会社が事業者ローンを利用する際に提出が求められる書類です。

決算書の内容によって、金利・融資額・返済期間が決められます。

事業者ローン側は法人の事務状況で決めているので、正しい情報を記載してもらうためにも、
担当している税理士に決算書を一度見てもらいましょう。

また、2期分の提出が必要な業者もあるので、前もって何期分用意するか確認してください。

最後のまとめ

事業者ローンを利用する際、最も頭を悩ませる問題が実績の不足でしょう。

事業を始めたばかりだと実績がないため、開業資金の融資でビジネスローンを利用するのは難しいと言えます。
また、ビジネスローンの審査に通るかどうかは、事業計画の構成が鍵を握っています

第三者視点で、計画における結果を想像しましょう。

決算書は法人の会社で事業者ローンを利用する場合、提出しばければいけない書類です。
金利・融資額・返済期間が決算書の内容に基づき決められます。

決算書の内容が良いことはもちろん、正しい書式に従って欠かなければ、受けられる融資も受けられなくなってしまいます。

なので、提出の際は税理士などの専門家のチェックを入れて、抜かりなく行いましょう
事業者ローンの審査は決して簡単なものではありません。

しかし、以上のことに気をつければ、審査に通りやすくなるはずです。

おすすめの事業者向けローンはこちら